乳歯冠

いわゆる銀歯

小さな子供には虫歯治療はとても怖いものです。
当院では穴が空いた虫歯に対してはいわゆる銀歯をかぶせることが多いです。
その理由は、
・乳歯は永久歯と比べて神経がとても大きく、削る量によっては神経の治療までいくことがある
・白い詰めものは、削る作業が多く、子供は大人に比べて唾液の量が多いので、治療が困難になることがある
・白い詰め物はきちんと管理していないと2次カリエスといって、再び虫歯になる可能性がある
・治療時間が短くて済むことが多い

親御さんの中には「なるべく白いものを使ってほしい」という方も多くいらっしゃいますが、当院ではなるべく子供さんへの負担を減らすために、小学生のうちに生え変わる乳歯の奥歯に対して乳歯冠を使用する治療を行っております。
ページの先頭に戻る